代表メッセージ

ミス・パリ・グループ 代表 下村 朱美

世界一受けたいエステをつくる。

日本には、長い時間をかけて培ってきたおもてなしの精神があります。それは、華道や茶道から受け継いできた大切なもの。それに最先端の技術と機器が加わり、はじめて生まれるエステティックがあります。海外でも決してまねすることのできない最高のエステ。どんな技術を持っていても、それだけでは最高のエステティシャンとは呼べません。もっとも大切なこと、それは「お客様の心と体が喜ぶすべてのこと」をかたちにすることです。今、お客様が「痩せたい」と思っているのか、「ゆっくりしたい」と思っているのか、あるいは「話を聞いてほしい」と思っているのか。そのすべてを素早く感じとり、そして、最高の技術とおもてなしで叶えられること。それがすべてできたとき、強く必要とされる存在になれるのです。

世界中の人を美しく。

世界中の人を美しく。お客様が若く、美しく、健康になり、心にゆとりと自信を持って、積極的な人生を歩んでいただく。その実現に、全力で取り組んでいくこと。それがミス・パリ・グループの変わらない使命です。「あなたにお願いします」「あなたのサロンにしか通わない」「あなたの技術やもてなしはすばらしいですね」とお客様に言っていただくことで、はじめてそれは証明されます。エステティックの喜びは、世界中の人々に必要とされること。だからこそ、日本だけでなく、世界中の人を美しく、幸せにできるように。