ニュースリリース

2017年のニュース

2017/5/26
「男のエステ ダンディハウス」新TV-CMスタート!!
磨き続ける男 『三浦知良さん』を15年ぶりにブランドキャラクターに起用!!

ミス・パリ・グループが運営する『男のエステ ダンディハウス』『ダイエットセンター by DANDY HOUSE』(本社:東京都中央区、代表:下村朱美)は、新たなブランドキャラクターに三浦知良さん(50)を起用。新TV-CMは「行こうぜ、ダンディハウス。」「磨こうぜ、日本の男たち。」 「行こうぜ、日本の男たち。」をコピーにフェイシャル篇・ボディ篇を制作、2017年5月28日(日)より放送開始いたします。
三浦知良さんのブランドキャラクターの起用は、2002年以来、15年ぶりとなります。

日本初の男性専用エステティックサロンとして1986年にスタートした『男のエステ ダンディハウス』は、高い技術力と確かな指導法で、メンズエステを日本中に広めてきました。2004年には業界初となるISO9001(国際品質保証規格)認証を取得。世界共通の品質管理と保証の基準である国際規格ISO認証をサロン単位で取得し、エステティックサービスの品質向上のために最善を尽くしています。また、昨年(2016年)には、誕生から30周年という大きな節目を迎えました。
そして『男のエステ ダンディハウス』の開業と同じく1986年にプロサッカー選手としてデビューし、30年の長きに渡ってトップ選手として最前線で活躍を続ける三浦知良さん。今年50歳を迎えられてもなお“磨き続ける”その姿は、メンズエステのリーディングカンパニーとして日本中の男性をカッコよく磨き上げてきた『男のエステ ダンディハウス』をまさに象徴するものです。
2002年以来、15年ぶりにブランドキャラクターとして登場する新TV-CMでは、「行こうぜ、ダンディハウス。」「磨こうぜ、日本の男たち。」 「行こうぜ、日本の男たち。」と、三浦さんが日本中の男性へ語りかけます。自分自身を磨き続けることは決して簡単なことではありません。しかし三浦さんの揺らぐことなく、夢や希望、理想に向かってさらなる高みを目指す姿を私たちは知っています。三浦さんが体現する“磨き続けることの価値”が凝縮されたその言葉は、日本中の男性が背中を押され、新たな一歩を踏み出すきかっけとなるのではないでしょうか。

これからダンディハウスは、三浦知良さんと共に“磨き続けることの価値”を発信していきながら、日本中の男性をサポート・応援していきます。

アドギャラリー(AD Gallery)はこちら